2010/04/11

Phantascope/Phantasmagoria

前回の記事「風車」で紹介したサイト(http://www.lowtechmagazine.com)にあった気になる画像。これも風車の一種かと思ったら、Phantasmagoriaという装置(走馬灯のようなもの)でした。いわゆる映画技術の初期のものらしいです。一応メカニカルな機構でオートフォーカスできるような説明がありました。



Phantascope/Phantasmagoriaについてのサイト:http://users.telenet.be/thomasweynants//assaulted.html
仕組みとしては、箱の中に人形のようなもの(影をつくる切り絵のようなもの?)が入っており、後ろから光を当てて映し出すようです。



映像を映すローテクな方法や、車輪がついているところ(たぶん車輪とレンズのフォーカスが連動)など面白いオブジェです。小型の戦車や兵器にも見えます。

5 件のコメント:

  1. イメージフォーラムフェスティバルっていう実験映画祭がゴールデンウイーク頃あるんですが、毎回しょぼしょぼとインスタレーションっぽいものが展示されます。
    以前その会場でPhantasmagoriaである、ということで悪魔の人形をモーターで躍らせたものを壁にプロジェクトしたものを見たんですが、、、個人的には.....という感じでした。
    それは人形を近距離からビデオカメラ撮影→プロジェクタを使って拡大投射していただけなので、そのあたりを安易にしないよう試験していけば可能性はあると思います。

    返信削除
  2. 図説映像トリックという本を購入したのですが、これがなかなかいいです。このファンタスマゴリアをはじめ、映像前史の映像装置が列挙されていて、写真美術館の地下みたいなかんじなかなか充実しています。
    著者の広瀬秀雄さんは82年に亡くなっているので復刻版なのでしょうか。

    返信削除
  3. その本、面白そうですね。ぜひ紹介して下さい。

    返信削除
  4. こちらです。
    http://bit.ly/cq56xf
    この前はお持ちできなかったもので
    今度持ってきますね。

    返信削除
  5. こちらです
    http://bit.ly/cq56xf
    網羅性はありますが
    あまり突っ込んだ内容ではないので
    kousakuさんには物足りないかも知れません。
    この前は持っていけなかったもので
    今度持ってきますね。

    返信削除