2010/03/03

ネジ切り:タップ+ダイス

金属材料にねじ切りをする場合、タップやダイスといった工具を使います。

タップ:
金属板に下穴をあけ、タップでネジの溝を切っていけばネジ(マシンスクリュー)を差し込むことが出来ます。
例えば、M3(径3mm)のネジの場合、2.5mm程度(約0.8倍)の下穴をあけておき、M3用のタップを回してネジ穴を切って行きます。特にM3などの細いものだと、回す力が強過ぎるとポキンと折れてしまうことがあります。折れてしまったタップを取り除くのは結構厄介なので、ゆっくりオイルを指し込みながら、あまり無理な力をかけずに回していきます。きつくなってきたら、少し戻し(逆回転)再度ゆっくりねじ込んでいきます。

(STRAIGHT/ストレート) M3×0.5 HSSタップ 18-90352
(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
売り上げランキング: 3876


(STRAIGHT/ストレート) タップハンドル M1~M6 18-500
(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
売り上げランキング: 4081

タップを専用のタップハンドルに固定しオイルを差し込みながら手で回していきます。
少し高価ですが以下のようなラチェット型のタップハンドルがあるとより便利です。

(STRAIGHT/ストレート) ラチェットタップレンチ M3~M10 18-1362
(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
売り上げランキング: 3010


タップが途中で折れてしまったときに抜き取る工具、プールタップ。





ダイス:
ネジ溝が切られた穴とは逆に、金属の棒材にネジ山を切っていくのが以下のようなダイスという工具です。
ダイスもまた専用のダイスハンドルに固定し手で回してオイルを差し込みながらネジ山を切っていきます。
ある程度の厚みがあれば、パイプにもネジ山を切って行くこともできます。



(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート


以下のような比較的安価なタップ+ダイス+ハンドルがセットになったものも売っています。
一式あれば、任意の場所にネジ穴をあけたり特殊なネジをつくったりできるので便利です。


1,600円

1 件のコメント:

  1. 実はこういう実用的な情報が大変有難かったりします...。

    返信削除